親から知らぬ間に50万円が自分の口座に入金

私が苦学生でバイトをしても生活費に困っていた頃の話です。

親からの反対を押して独り暮らしを始めたので、全ての生活費を自分で稼ぐことが条件だったのです。学業とバイトをする中で切り詰めて生活をしていたのですが、テスト期間中になるとバイトに入れないのと、教材などにお金がかかるので支出が重なり、生活費の中でも食費を削るしかなくなります。私本人は、それでも自分で決めたことですから、ギリギリのラインで生活を維持してたのです。

あるお盆の時期に、久しぶりに実家へ戻ったのです。

そこでは特に何もなかったのですが、独り暮らしのアパートに戻ってからしばらくすると、自分の銀行口座に50万円が親から振り込まれていたのです。おまとめローンで借金を完済するための選び方と注意点


後で聞くと、「あまりに頬が痩せていたので、生活費に困ってるのがわかった。

生活費を切り詰めるのは当然だが、体を壊しては意味がない」と言ってお金を出世払いで貸してくれたのです。

このページの先頭へ