ない辛さよりも、お金を貸してくれと言う辛さのほうが重い

「お金を貸してくれ」と言われるのは不快なものです。言う人が家族だろうと親友だろうと関係ありません。自然と拒否反応が出てしまいます。

私は40年近い人生において、20数回近くこのセリフを言われたことがあります。その半分は断り、もう半分は仕方ないという気持ちで貸しています。貸したうちの3分の1はいまだに返ってきていません。おそらく、このお金はもう私の手元に戻ることはないでしょう。自分の中では、お金は貸したら返ってこないものという考えが沁みついています。振込融資のメリットを調べてみました 振込融資


私は心に「お金を貸してくれ」と絶対に言わないと誓っています。たとえどれだけお金に困った生活を強いられてもです。このセリフを言う辛さに比べれば、お金がない辛さなどたいしたことはありません。

このページの先頭へ