初めての経験に、マナーを知った私

少し前のことですが、以前勤めていた税理士事務所での出来事でした。 その事務所の税理士の先生たちとのお食事などしていると遅くなりました。終電ほどではありませんでしたが、少し家まで遠かったためにタクシーで帰るように言われました。普段は非常に職業柄、お金にシビアな先生たちでしたが、その日は、タクシー代...

大学に通う友人が、急な出費で留年へ

私の大学の友人は、先日付き合っている彼女を妊娠させてしまいました。 お互いにまだ大学生という状態なので、悩んだ末にやむおえず流産を選んだのですが、流産にかかる費用がなく友達に少しづつ借りて回るということをしていました。その友人は、とても真面目で良い子ですので、それまで大学にも真面目に来ていたので...

親から知らぬ間に50万円が自分の口座に入金

私が苦学生でバイトをしても生活費に困っていた頃の話です。 親からの反対を押して独り暮らしを始めたので、全ての生活費を自分で稼ぐことが条件だったのです。学業とバイトをする中で切り詰めて生活をしていたのですが、テスト期間中になるとバイトに入れないのと、教材などにお金がかかるので支出が重なり、生活費の...

夫が独身時代に親に渡したお金が戻ってきている

夫は独身時代に自宅暮らしをしていて月に6万円つづ、ボーナス時には10万円づつお給料を家計に入れていました。私からしたら一般的な金額よりも多いと思ったのですが、そのお金を義両親は残してくれていたのか、夫と私が結婚をして子どもができてから援助をしてくれています。 お金を渡してくれるわけではないですが、子...

私にお金がなくても友人でいてくれる見分け方

本当の友人が誰なのか知りたいときは、「お金がない」という話をすることにしています。わたしはブランド物が大好きなので、たくさんのブランド物に囲まれるようにして暮らしています。 他人に見せびらかしたいわけではないので、自宅に置いて眺めていたり、目立たせないように持ったり着たりしてひそかに楽しんでいま...

ない辛さよりも、お金を貸してくれと言う辛さのほうが重い

「お金を貸してくれ」と言われるのは不快なものです。言う人が家族だろうと親友だろうと関係ありません。自然と拒否反応が出てしまいます。 私は40年近い人生において、20数回近くこのセリフを言われたことがあります。その半分は断り、もう半分は仕方ないという気持ちで貸しています。貸したうちの3分の1はいまだに返...

相続の時に兄弟でトラブルが起こるのは悲しいことです

夫の祖父がなくなり、遺産を相続することになった時に、祖父と同居をしていたのが夫の両親で、5人いる子どものうちの他の3人は、お世話もしてもらったから大目に相続をさせたいという話で一致していたようです。 夫の両親は三男で、長男、次男もいたのですが、結果的に三男が介護をすることになっていたから、周りそれ...

このページの先頭へ